ホーム > 自然素材・自然エネルギー

自然素材・自然エネルギー

40

無垢材
乾燥収縮や反り、そして弱干コストが高くなるというデメリットをかかえながらも、”肌ざわり、香り、風合いが心地よく、断熱性・調湿性に優れ、シックハウスの心配が少ない”無垢材は、お手入れすることで丈夫で長持ちします。
住むほどに味がでる美しさはとても優しい…素足で暮らせることの心地よさを、ぜひ感じて下さい。

小舞・土壁
最近都心では、ほとんど見られなくなった”土壁の家”。とても長い時間と労力が必要になります。木舞を掻き(かき)、荒壁を塗り上塗りをかける。そのすべてが自然界にあるもの。調湿・保湿・耐火に優れ、日本の風土にもっとも適した工法といえます。
創和建設の先代は元左官職人。50年前は特別ではなかったようです。

漆喰
消石灰を主原料に優れた調湿力をもつ。日本でも古くはお城や土蔵にも使われてきた素材。貝殻をリサイクルすることによって生まれた「貝てき漆喰」も弊社の建物には多く使われています。
いいところのたくさんある漆喰ですが、なによりその”凛とした表情”が美しい。
そして最後は土に還ります。

白洲壁
九州のシラス台地で産出される「マグマセラミック」。とても優れた調湿機能と空気洗浄機能は感心するばかり。
化学物質も一切混入されていないので、シックハウスの心配も少なくお子様にも安心。
外装用の「そとん壁」と内装用の「薩摩中霧島壁」があります。

稚内珪藻土
北海道のメソポア珪藻土は、天然の多孔質鉱物でつくられています。調湿・脱臭に威力を発揮する呼吸する素材です。
あたたかみのある色合いとやわらかい質感を持ち、工費も比較的高くない。

その他に
土佐和紙・麻クロス・月桃紙などもあります。自然素材は心地いい、そのまわりの木が映えます。

70

ウールブレス
名前が表わすように羊の毛です。自然系の断熱材では一番使われているもの。内部結露も少なく調湿機能が高い。創和建設の自然住宅で最も使われている断熱材です。

パーフェクトバリア
リサイクルペット樹脂の再生品。ポリエステル100%で虫食害が少なく、高い透湿性と断熱性を有します。化学物質過敏症の方にも優しい。

セルロースファイバー
古新聞の原料としたリサイクル品。特に防音性・吸音性に優れています。弊社では、昨年5軒の住宅でとり入れ施工しています。

アグリ
ベニ花油を主原料にした植物油をベースに、100%水発泡の断熱材。完全な自然素材とまでは言えませんが、非常に高い断熱性を必要とする”地熱住宅”などにはとても向いています。

40

薪ストーブ・ペレットストーブ
暖をとるために一番わかりやすい方法。そしてなにより一番雰囲気がある。
暮らすうえでちょっと手間はかかりますが、家が暖かくなるだけではなく、家族との会話もはずみます。

そよ風
太陽や放射冷却などを取り入れた仕組み。夏暑くなく、冬寒くない家づくりに最適。私たちも”そよ風ネットワーク”に参加し、省エネルギーの家づくりに取り組んでいます。

蓄熱基礎(地熱利用)
一年中湿度変化の少ない地中熱の特性を生かしたエネルギー効率の良い工法。とくに土間のある住宅との相性は素晴らしい。「地熱利用、とくに夏場の心地良さを感じます」というお客様の感想を多くいただいています。

太陽熱温水器
昔懐かしい太陽熱温水器が今改めて見直されています。理由は、シンプルでエネルギーの変換効率が抜群にいいこと。そして低コストであること。

太陽光発電
ソーラーパネルが屋根一面に並ぶという美観のデメリットはありますが、直接自宅で電力に変換できるという大きな利点があります。

雨水利用
自分の家に降った雨を小さなタンクに貯めて、畑・庭・洗車などに利用。もっとも低コストで、簡単にできるエコ。「節水をしよう」という気持ちも自然と湧き出てくるようです。

藤野電力
自然や里山の資源を見直し、自立分散型のエネルギーで地域の未来を考える団体。手作り太陽光発電のワークショップや、新築住宅へのオフグリット発電システムの施工を行っています。

https://fujinodenryoku.jimdo.com/